凄すぎる自主制作アニメ

今日はちょっと趣向を変えて、ネットで見つけたおもしろい動画の紹介。
京都精華大学マンガ学部アニメーション科在籍の学生が作成した自主制作アニメです。
これはクオリティ高いです。短い作品ですので、まずは見てください。



タイトルは「フミコの告白」。
この疾走感と浮遊感はクセになります。
やりたいことだけをハイクオリティで描ききる姿勢が潔い。
スピードと3DCGに逃げることなくしっかり細部まで作り込んでいるのも好感が持てます。
なにより若さを感じる! おもわず応援したくなります。
来年の広島国際アニメーションフェスティバルとか、大きなコンペに出さないかな。

作者 Tete さんのブログ(静止画など設定資料多数)
http://d.hatena.ne.jp/Tete/20091108/1257703155

 ☆

ついでに、この動画を見て思い出したアニメーション作品も紹介。



この「Oktapodi(オクタポディ)」は2007年にフランスで制作された作品。
アカデミー賞ノミネート作品で、広島国際アニメーションフェスティバル2008で上映されて、審査員特別賞を受賞しています。
急な坂の港街で繰り広げられる追跡劇。
奇抜なキャラクター設定と、練り込まれたアクション描写が見ている間息もつかせぬ迫力を生み出しています。
オチも秀逸ですね。

「オクタポディ」公式サイト(英語、メイキングやデザイン画が掲載されています)
http://www.oktapodi.com/index.html


こうしたすぐれたアニメーション作品を見ると、自分も何か作りたくなります。
学生時代は8mmフィルムで自主制作映画など作っていたもので……。
3DCGの勉強でもしようかな!


Autodesk Maya Complete 2009 Commercial New SLM
オートデスク
2008-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック