フリーライターの眠れない夜

あなたは朝型ですか? 夜型ですか?

普通にお勤めしている方や学生さんなら、どんなに夜型の人でも朝には起きなくちゃならないのが世の定め。
そう言う意味では朝型人間のほうがこの時代生きて行きやすいのかもしれません。

かく言うぼくは朝は4時半には起きているという超朝型。
NHKのニュースがはじまるのと一緒に目覚めています。
でも実は、床についているのは深夜1時を回ったころ……。
そう、あまり睡眠をとれない「不眠症」なのです。
マイスリーというクスリを飲んでいますが、効いているのやら気休めなのやら。

それでも、3時間もしっかりとした睡眠が取れれば、翌日眠くもならないのだから不思議です。
超ショートスリーパーな生活は、時間の有効活用という点ではなかなか魅力的です。
フリーライターという時間を自由に使える仕事柄、役立っている気もします。

とはいえ、徹夜をしてしまうとやはり次の日は体に無理が利かなくなってしまいます。
そこで、たとえ短くても質の高い睡眠を取るコツを伝授しましょう。

1.寝る時間を決める
忙しくても眠くなくても決まった時間に横になる習慣をつけましょう。
別に「早寝早起き」ではなくてもいいのです。
体に同じリズムを覚えさせることが快眠の第一歩です。

2.無理に寝ようとしない
眠れないと言う人の多くが、「眠れなかったらどうしよう……」と焦りの気持ちを抱えています。
いいんです、無理に寝なくても。
眠れなっかたら、という焦燥感が一番眠りにつくのを妨げているのです。
眠れなくても人間以外と大丈夫なもんです。腹を括ってしまいましょう。

3.食事の時間に注意する
寝る直前にモノを食べてしまうと、胃腸だけは動き続けて体を十分に休めることができません。
結果、眠りも浅くなってしまうのです。
一方、おなかが空きすぎていてもなかなか眠れないものです。
夕食、夜食の時間には気をつけましょう。

4.お風呂は夜に
人間の体には、体温が上がってそのあと下がる時に眠気が生じるという働きがあります。
そのため、寝る前の入浴は良い睡眠に効果ありです。
ゆっくり湯船に浸かって、ストレスを発散させることも安眠につながります。

どうでしょうか。それほど難しいことでは無いと思います。
良い睡眠は日常のちょっとした習慣から。
朝型さんも夜型さんも、しっかり眠って今日もがんばりましょう!




サンライズクロック 爽やかな目覚めと自然な眠りを。睡眠ケア目覚しランプ 目覚まし時計 生体リズム の正常化
サンライズクロック

ユーザレビュー:
自然に目が覚めました ...
長く使うと効果が出て ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック